スポーツビジネスの可能性とオリンピックで求められる重要性とは?

スポーツの祭典として世界中から注目されるオリンピック。日本国内だけでなく世界各国へ視野を広げてビジネスチャンスを掴むきっかけとなることから、マーケティング手法やビジネス戦略によっては大きな利益を生むことも可能です。

スポーツビジネスとオリンピック、マーケティング、それぞれに大切な役割があり、すべてにおいて結果を出すことが最大の利益を生むビジネスモデルの構築に繋がります。

本記事では、オリンピックが開催されることによって得られる地域への効果や、将来的なスポーツビジネスの可能性、さらに、創造性などのクリエイティブの重要性について解説します。

スポーツビジネスにおいて、オリンピックは大きな影響力を持っており、どのようにマーケティングしていくのかによって、将来への可能性の広がりが変わっていきます。

それでは、オリンピックとスポーツビジネスの関連性について詳しくみていきましょう。

オリンピック開催で期待されるスポーツの発展と地域の活性化

オリンピックを開催することでスポーツを身近に感じるというメリットもあり、地域が活性化しやすいという特徴があります。

ここでは、期待されるスポーツの発展と地域の活性化に関連付けて、スポーツビジネスについて詳しく解説しています。

スポーツビジネスで欠かせないオリンピックマーケティング

オリンピックは世界的に注目されるイベントであり、スポーツをしている方にとって、オリンピックは目標という方もいることでしょう。

オリンピックを開催すれば、その地域は活性化し、スポーツの競技人口も増えるという特徴があります。

しかし、競技人口が増えただけでは、スポーツをビジネスと結びつけるのは難しいでしょう。そこで重要なのがマーケティングです。

オリンピックでは、スポンサーを募って協賛する企業も少なくありません。

つまり、オリンピックを開催することで、スポーツをビジネスと捉え、マーケティングを行うことで利益を生むというビジネスモデルを構築する企業も増えてきています。

 ちなみに、スポンサーが行うマーケティング手法はさまざまですが、大きく以下の3つに分けられます。

  • 競技団体をサポートするスポンサー
  • オリンピックに協賛するスポンサー
  • アスリートのスポンサー

 このように、スポンサーがとるマーケティング手法によって、スポーツビジネスの展開の仕方が異なる特徴に合わせて、オリンピックの多大な影響力の効果を得ることを目的としています。

このことから、オリンピックマーケティングはスポーツビジネスに欠かせない存在といえるでしょう。

期待されるスポーツの発展と地域活性化に伴うスポーツのビジネス戦略とは?

オリンピックを開催すると、地域が活性化したり、スポーツの競技人口が増えるという特徴があります。

それでは、スポーツの発展や地域活性化にスポーツビジネスはどのように関わっているのでしょうか。

テレビや雑誌などをみると、スポーツ選手が出演している光景をみることがあると思います。スポーツの代表的なビジネス戦略として、スポーツ選手をタレントとして活動させることで、スポーツが発展したり、地域が活性化することも少なくありません。

つまり、スポーツ選手のタレント活動によって影響を受ける方も多く、社会への刺激となって大きな波となって広がっていくという世の中の動きに注目している企業もあるということです。

さまざまな業態に見るスポーツビジネスの可能性

スポーツビジネスの可能性は、さまざまな業態に大きな影響を与えます。ここでは、業態ごとにどのような影響があるのか解説していきます。

スポーツ×旅行

旅行業界で注目されているスポーツビジネスが、スポーツ観戦と旅行の組み合わせです。

主に旅行会社が行っているマーケティング戦略で、具体的には観戦チケットの販売だけでなく、旅行で楽しむユーザーのニーズにも応えたサービスを提供しています。

スポーツ×IT

スポーツで注目されているVR。バーチャルリアリティの略ですが、仮想現実という概念を取り入れることで、あたかも自分が実際にスポーツをしているかのような錯覚に陥ることができる最新のIT技術です。

将来的にVRはIT業界の軸となる可能性を持っており、現在注目されている技術の1つです。

スポーツ×食      

スポーツで満足のいく結果を出すために必要な「食」。

スポーツ選手の栄養バランスに特化したメニューの考案が必須といえます。ヘルシーなメニューを提供したり、食生活の管理などでトータル的にサポートする企業も存在します。

スポーツ×マネジメント

スポーツビジネスで欠かせないのが、企業のスポーツ施設の運営です。

これまでの行政を中心とした運営から、企業が直接施設を運営する傾向がみられるようになりました。

企業が主体となってスポーツ施設を運営することで、企業から輩出されたスポーツ選手のブランディングが確立し、ビジネスの可能性が広がるという仕組みです。  

オリンピックにおけるスポーツビジネスではクリエイティブ力が重要

スポーツビジネスにおいて、オリジナリティを発揮することが重要視されています。ここでは、独自性を高めるためのクリエイティブの重要性について解説していきます。

スポーツビジネスではオリジナリティを追求する

他社との競合を避けるためにも、オリジナリティを追求することは大切です。

オリンピックにおいてスポーツビジネスを展開していくにあたり、競合することは必至です。

しかし、そこでオリジナリティを出していけば差別化に繋がり、独自のビジネスモデルを構築することができます。

クリエイティブ力を磨いて強みに変える

初めから納得のいくビジネスモデルを構築できるとは限りません。一方で、他社の真似をしても意味がありません。

しかし、できることから少しずつクリエイティブ要素を加えていくことで、大きな成果を生むきっかけとなるケースも少なくありません。

クリエイティブを磨くことで、独自の強みに変えることも可能であり、それが将来的にスポーツビジネスの安定化に繋がる可能性を秘めているといえます。

オリンピック後も発展を続けるために重要なもの

オリンピックが終われば、スポーツも終わるということはありません。オリンピック後もスポーツは発展し続けることでしょう。

しかし、何もしなければ発展するどころか廃れてしまって、継続が難しくなってしまうこともあります。それでは、発展し続ける為には何が必要なのでしょうか。

ここでは、人材、体験、創造性という3つのテーマに分けて解説していきます。 

 人材

スポーツを支えていくためには、人材の確保が最優先と考えられています。人材が不足してしまうと、選手も十分なトレーニングを行うことができません。

実際、スポーツ業界では、フルタイムで勤務するスタッフの数がまだまだ少なく、十分な体制で選手をサポートすることが難しいのが現状です。

体験

「スポーツは見るだけでなく体験するもの」と位置づけることで、将来的に発展していくと考えられています。

一般的に、聞いたり読んだりしたものは約2割、しかし、体験したことは9割以上が記憶に残るといわれています。

つまり、体験したことを記憶に残すことで、「体験」に愛着を抱かせるという点がスポーツビジネスにおいて大切なことといえます。

創造性

「創造性」とは、他との差別化が図れているかどうかを表す指標として捉えることです。

ちなみに、ここでいう創造性とは、デザインや質を向上させる意味ではありません。

スポーツビジネスにおいて、他との差別化が大きな利益を生むきっかけとなることも少なくありません。

「あの企業の真似をしてみよう」などと同じことをやろうとしても、おそらく望んだ結果は出ないでしょう。

つまり、オリジナリティを含んだ創造性を発揮する企業が、スポーツビジネスをきっかけに発展していく可能性を秘めているといえます。

まとめ

最後に、オリンピックにおけるスポーツビジネスの広がりは無限大です。

ただし、オリジナリティと他企業との差別化は必須であり、企業にとってクリエイティブ力が問われる時代といえます。

つまり、真剣にスポーツビジネスに取り組む人材でも、さらに、創造性に富んだ人材が求められています。

参考記事一覧

東京2020で日本のスポーツビジネスは変わる。スポーツマーケティングの未来をどう作るのか(bonbi GOSSIP)

オリンピックにVR導入、Intel (インテル) がスポーツビジネスに投資する理由とは?(SUPODIGI)

これからのスポーツビジネス、カギは「人材・体験・創造性」(SPORT INNOVATORS)

2020年の東京の“後”の重要性。オリンピック・レガシーについて考える(アズリーナ)